住まいの情報掲示板

キッチンの掃除のコツ

台所がきれいだと日々の台所仕事が楽しくなります。頑固な汚れもしっかり落とす掃除のコツをご紹介します。

一年に一度の大掃除で、台所のすみずみまで、いっぺんにまとめてきれいにする。という考え方はやめましょう。こびりついた汚れを落とすのは、至難のわざです。
手間と時間がかかるほど、面倒になってしまいます。毎日行う食事の後片付けのとき、もしくは汚れに気づいたときこそ、絶好の掃除タイムです。

◎汚れをチェックする習慣をつけましょう。
シンクやガス台など汚れがわかりやすいところだけでなく、冷蔵庫の扉の内側にある収納スペースや食器棚の引き出しの中など、汚れが目立たないところも、気にかけてください。
◎コンロの周りは、食器洗いをしたそのあとに、はねた油や吹きこぼれの水滴をファイバークロスで拭きましょう。
毎日の小さな手間で、大掃除が必要ないくらい、きれいな状態が保てます。
◎シンクは、食器洗いの後に乾いた布で水滴をしっかりふきあげましょう。
水あかを防ぐことができるので、ピカピカのシンクで毎日気持ちよく使うことができます。
◎排水口はストレーナーだけでなく、中もしっかり掃除しましょう。
排水口が汚れていると、ストレーナーのも汚れが移ります。深部は、柄の長いブラシ、ストレーナーの網目は歯ブラシとブラシを使い分けながら掃除します。
◎換気扇はフィルターを使っていれば一年に一度の掃除で大丈夫です。
ただし、大掃除のシーズンである12月は、寒くて油が固まっているので、不向きです。
油がゆるみやすい、あたたかな時期に掃除をしましょう。
◎不要になった布を小さく切って、ザル、カゴ、ビンなどに入れてキッチンに置いておきます。
汚れに気づいたときに、さっと掃除するのに便利です。
暮らしを美しくするコツ~暮らしの手帖~抜粋