住まいの情報掲示板

キッチン整理術 No.1

見せる収納と隠す収納の両方ですっきりきれいなキッチンに変わります。
今回からは、キッチン整理術を掲載していきます。

食器棚

食器棚は、重ね収納が基本。同じ大きさでまとめて食器棚の収納力をアップさせる方法は、皿も器もすべて重ねて置くこと。これなら空間を無駄なく使えるし、また、扉を開けて取り出すだけと使い勝手もよいこと間違いなし!

土鍋、卓上コンロなど季節ものは吊戸棚へ

手の届かない吊戸棚に普段使いのものを置くのはNG。
季節ものの調理器具、重箱、ピクニック用の食器などを、シンク上の吊戸棚にしまっておきましょう。

カップ類の収納に戸棚の上部は狙い目

食器戸棚の上部にできやすいデッドスペースは、ティーカップの収納スペースに。
左右に突っ張り棒を、渡しS字フックをつけてカップを吊り下げれば、かなりの数が収納できるはず。
ソーサーも1枚ずつひもつきのビニール袋に入れて吊り下げ収納が可能です。

棚に入らない大きな器はどうすればいい?

大きな器はしまい場所に困りがちなもの。そんなときは、表に出して見せる収納にチャレンジ。
隠したい場合は、梱包材などに包んでシンク下の空きスペースに立てて収納するといいでしょう。
立てかけたときにぐらついて不安定なときは、ブックエンドなどを利用して。

普段使いの食器はひとつの棚にまとめる

コップ、茶碗、お皿など、毎日使う食器というのはほぼ決まっているもの。
ならば、種類別であちこちにしまわず、それらの食器だけをしまう場所をつくれば、必要なものをスピーディに取り出せます。使わない食器をチェックして、棚の整理を。

平皿などの収納時にはワイヤー棚で2段に

食器棚の棚板の間隔は、高さのない平皿を収納するときはちょっと広すぎです。そこで、市販のワイヤー棚が大活躍。これを棚の中に入れれば、1段の棚が2段に。上部も有効に使えます。
こうして使えば、種類別にできるし、重ねる皿の枚数も少なくなって出し入れも便利です。