住まいの情報掲示板

家族の動線で考える「間取り」

重要ポイントは家事動線 次に家族の会話とプライバシー

家族が快適に過ごすためには、間取りがとても重要なポイントになります。
家事のしやすさや家族とのコミュニケーションがうまくとれるかといったことも間取りによって左右されます。

家事がしやすい間取り

家事がしやすい間取りは水回りの動線が短い、キッチンの収納が多い、冷蔵庫がリビング手前に置けるといった間取りです。
家事が忙しくてためてしまいがちだという人は、リビングから見えることのない独立したキッチンのほうが、そのつど片付けをしなくていいのでラクです。
キッチンと洗濯機が近いと、調理しながら洗濯ができるなど、同時に家事が進行できて効率的。
洗面所と寝室が直結していると洗面や、身支度が最短動線で可能。

家族間のコミュニケーションの間取り

家族間のコミュニケーションの間取りとしては、オープンキッチンならキッチンでの作業中でも家族と会話ができ、リビングインの居室を子供部屋にすれば、出入りのときに必ず顔を合わせるので子供の変化にも気づきやすいでしょう。
洗面室の出入口がリビングに面していると、家事動線はスムーズ。ただし、夜の来客時や子供が思春期になると入浴時に気を使うこともあるため洗面室の位置に注意が必要です。
子供部屋は、こどもの数だけ部屋を用意しなくても、可変性を持たすといいでしょう。
たとえば、2人兄弟の場合、幼いうちは、1つの部屋を共有させ、小学校中学年では収納家具などで間仕切りし、思春期前には完全に1つの部屋を2つに分けるなど、大きな部屋を間仕切りすることで、2室の子供部屋にすることができます。
天井高や梁、窓の造りなど間取りを立体的に考えるのも大事ですが、家族の団らんとプライベートの時間のバランスをうまくとることも考えて。玄関からリビングを通らないと個室にいけないなどの配慮が家族間のコミュニケーションを生みます。

家族の朝、昼、晩の生活を思い浮かべながら、家族のライフスタイルに合った間取りを考えましょう。