住まいの情報掲示板

色の「配分」の考え方

いちばん大切なのは色のバランス

色彩計画では、色と色の相性がとても大事ですが、どの色をどのくらいの面積で使うか=色の「配分」も重要。白と黒のファッションを例にあげると、白い洋服に黒の小物を合わせるときと、その色が逆のときとでは、全く違った印象になります。つまり、ベストな色を選んでも、色の面積比を間違えると、めざすイメージとは程遠い仕上がりになってしまいます。

こうした失敗を避けるには、インテリアで使いたい色を、「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つに分けることから始めてみましょう。“基調となる色”や“主役になる色”、“さし色”を決めておくと、色選びで迷うこともなく、カラーバランスのよい部屋が手に入ります。

Point1. 「ベースカラー」には控えめで、飽きのこない色を

ベースカラーとは、部屋の大半を占める基調となる色のことです。床、壁、天井がこれにあたり、面積の配分は70%程度。そうそう張りかえたり塗りかえたりしない場所なので、飽きのこないベーシックな色がいちばんです。

住宅では、天井と壁はアイボリーや明るいベージュ、床は同系色の茶色でまとめるのが一般的。新築の際は、住まい全体のベースカラーをそろえると統一感が生まれ、広々と見える効果も。

Point2. 「メインカラー」は自分らしさを表現する色

メインカラーは、部屋の主役になる色。自分のいちばん好きな色を使いましょう。でも、鮮やかすぎる色は避けたほうが無難。面積の配分は25%程度で、ソファやキャビネットなどの家具、カーテンがこれにあたります。同じ色相の同系色でまとめる場合は、ベースとなる壁や天井を明るめの色、ソファやカーテンの色をメインカラーとして壁よりやや濃い色にするなど、色の比率を考えて濃淡で変化をつけてもOK。

Point3. 「アクセントカラー」でインテリアにメリハリをつけて

アクセントカラーは、インテリアのポイントや引き締め役になる色。面積の配分は5%程度で、クッションや絵、スタンドのシェードなどに使います。アクセントとして使う色ですから、メリハリがきくように強い色を選びます。「色相環」を参考にして、メインカラーの反対色や類似色のなかから選びましょう。夏場は寒色、冬場は暖色など、アクセントカラーの色を変えて、季節感を演出する方法もおすすめ。