住まいの情報掲示板

部屋別 センスアップのポイント! No.2

リビング

家族のくつろぎ+来客に対応できる心地よさが大切

リビングは住まいの中心であり、家族の団らんはもとより接客や趣味など、多種多様に使われるスペース。 それだけに家族がくつろげることはもちろん、使用目的に合わせて臨機応変に対応できるゆとりが部屋づくりのポイントになります。

複数の人の利用頻度が高いので、色数や家具は控えめにしてすっきりとまとめ、装飾は目立つ位置に限定して。 個性よりも不特定多数の人が不快に感じないコーディネートが大切です。

暖色でくつろぎ感アップを

木を連想させる茶やぬくもり感のある暖色系は、くつろぎを目的とした部屋に最適。ソファなどに取り入れて心地よさを高めて。

リビングのセンスアップのポイント

機器の視線対策が カギ

リビングはテレビ、DVD、パソコンなどのメカの多い場所。機器そのもののデザインや配置場所への配慮、コード類の始末に気を使うと美しくまとまります。

色と小物を引き算 ─ すっきり感がくつろぎにつながる

部屋を素敵にしようと思うと、何かを飾ったり新しく買ったりしがちですが、それは逆効果。
まず最初にすることは、余計なものを減らすこと。家具や小物などの物体だけでなく、色数をしぼったり、シンプルな形の家具を選ぶなど視覚的な要素のシェイプも必要です。 小物はクッションや花器などくつろぎに直結する実用品を優先させ、色は多くの人が受け入れやすいナチュラルなカラーにすると、すっきりした心地よい空間になります。

センスアップ 最強アイテム

フレーム
壁のムードアップに○
絵がなくても絵になる

フレームは壁に飾っても、床に立てかけておくだけでもムードアップにつながるアイテム。
無理に絵や写真を入れるのではなく、空のフレームもおしゃれなアクセントになります。