住まいの情報掲示板

照明の選び方 主照明と補助照明

室多灯の照明プランで、機能的で雰囲気のよい部屋に

照明は、「主照明」と「補助照明」に分けられます。主照明とは、部屋全体をほぼ均一に明るくするのが目的で、代表的なものがシーリングライトです。

補助照明は限られた範囲を照らす照明で、用途別に2タイプあります。1つが、デスクのスタンドのように、視作業に必要な明るさを補うもの。ただ、手元の明るさが十分でも、部屋全体が暗いと目に負担がかかるので注意して。
補助照明のもうひとつが、部屋の雰囲気づくりに利用するもので、フロアスタンドなどがこれにあたります。

天井の真ん中にシーリングライトが1灯だけという照明では、表情の乏しいインテリアになりがち。また、こまかな作業に適した明るさに設定しておくと、ふだんの暮らしにはまぶしすぎて、電力のムダ使いにもなります。

照明プランは部屋での生活行動をよく考え、主照明と補助照明をバランスよく組み合わせるのがポイントです。

●主照明(全体照明)
シーリングライト…天井に直付けする器具 高い位置から部屋全体を照らす
ダウンライト…天井に埋め込んで使用する器具  天井が低めの部屋に向いている
シャンデリア…装飾的でリビングや応接間を華やかに演出してくれる多灯器具
ペンダント…コードやチェーンで天井から吊るす器具 ダイニングの照明に多い
●補助照明(部分照明)
ブラケット…壁面に取り付ける器具
スポッライト…絵画や特定の対象物を照らす器具 光の方向を自由にかえられるのも特徴
フットライト…床近くの壁に埋め込み、足元を照らす器具 足元が明るくなり安全性が高まる
フロアスタンド…手元の補助照明のほか、オブジェにもなる
ロースタンド…低い位置から光が広がり、落ち着き感を演出