住まいの情報掲示板

収納スペースのカビ対策方法

今年も、梅雨の時期が近づいて参りました。気温や湿度が高くなり始めると、カビの繁殖が気になってしまいます。クローゼットや靴箱は、浴室のように水を使用するわけではないですが、扉を閉じている時間が長く湿気がこもりやすいため、カビの温床になりやすいです。

そこで今回は、湿気がこもりやすい収納スペースの「クローゼット」と「靴箱」のカビ対策を探っていきましょう。

「扇風機で換気」、「隙間を確保」…

扇風機で換気…

「おそうじ本舗の技術アドバイザー尾崎真さんは、クローゼットについて「来客時以外はできるだけ扉を開けて」とアドバイスしています。時々、扇風機の風を中に向けて入れ換気をし、除湿モードでエアコンをかける ことが有効です。

隙間を確保…

収納プランナーすはらひろこさんは、クローゼットについて「収納は八分目を心がけて。まずは収納量を減らす整理から始めてほしい。」と助言しています。物を隙間なく詰め込むと通気性が悪くなり、湿気を含んだ空気が滞留します。そこで、物同士の間隔を少し空け、空気の通り道を作ってあげることが大切です。

「紙製段ボール」、「ビニールカバー」で保管はNG

シーズンオフ時

紙製段ボールは湿気を吸いやすいため、靴を購入時の箱の中で保管したり、衣類を引っ越した際の段ボールに詰め込んだまま保管したりはNGです。収納には、なるべく不織布製の袋やカバーを使いましょう。

また、注意したいのはシーズンオフの衣類の保管です。クリーニング後にかけられているビニールカバーは通気性が悪いため、不織布カバーへ取り換えて保管しておくことがお勧めです。

頻繁に使用

反対に、頻繁に使用する衣類や靴をしまう際も気を付けましょう。一日中着用した衣類には、カビの胞子が付着している可能性があるため、すぐにクローゼットにしまわずに、ホコリを払って湿気を飛ばしてからしまいましょう。ドアフックなどに一晩つるしておくと良いです。

衣類と同様に、一日中履いた靴はすぐに靴箱にしまうのを避け、一晩以上靴箱の外で仮置きをして乾燥させたり、予防・再発防止として除湿剤を靴箱内に置いたりすると良いでしょう。

〜日本経済新聞(H30.5.19号)より抜粋〜

バックナンバー