住まいの情報掲示板

増税前の賢いマイホーム計画を考えよう

来年10月から、消費税が10%へ…

2019年10月1日から、消費税10%への引き上げが予定されています。残すところ1年余りとなりました。特にマイホームの購入を考えている方にとって、消費税2%の違いは負担を大きく変える要因です。

例えば、建物価格3000万円の家を建てるとすれば、消費税8%時で3240万円、10%時で3300万円となり、60万円増加することになります。これが5000万円なら、消費税8%時で5400万円、10%時で5500万円となり、100万円増加してしまうことになります。

キーポイントは、「3月末」「9月末」…

では、消費税8%の支払いでマイホームを購入するには、どうすれば良いのでしょうか。これには2つのケースがあり、キーポイントは「3月末」「9月末」です。

第1に、来年「3月末」までに建築請負契約が結ばれている場合は、引き渡しが10月以降になっても消費税は8%となります。注文住宅は工期が長期にわたるため、経過措置が設けられているためです。

第2に、来年「9月末」までに引き渡しを完了する場合です。消費税が8%のうちに引き渡しが済んでいれば、かかる消費税は8%となります。

反対に10%の消費税がかかるのは、契約が来年4月以降且つ引き渡しが10月以降になる場合ということです。

現在は、住宅ローン低金利時代…

マイホーム資金を考えるうえでは、消費税10%ということだけではなく、住宅ローンの金利も忘れてはならないポイントです。現在は低金利の時代となっており、住宅ローンにも有利なタイミングと言えます。

市場動向と連動した住宅ローンの変動金利は、値下げ競争で0.5%前後(借り換え)まで下がってきています。 これは、例えば1000万円借りた場合、利子が年間5万円程度という計算になります。

完済時まで金利が変わらない固定金利は1~3%程度です。例えば3000万円を35年ローンで借りた場合、金利2%の場合と3%の場合では675万円(※)の差額があり、消費税以上に大きな要素と言えそうです。

住宅ローンが低金利の今こそ、資金計画のチャンスと言えそうです。

(※)あくまで一例であり、返済方式などによって異なります。
〜産経新聞(H30.6.29号)特集・住まいのトレンド2018 抜粋〜

バックナンバー